読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎代官高木家

長崎代官は、天正15年(1587)に豊臣秀吉鍋島直茂への任命から始まります。その後の江戸時代では、村山家、末次家が長崎代官に任じられましたが、それぞれキリシタン問題、密貿易で失脚し、町年寄であった高木家の六代目作右衛門忠与が任じられ、幕末まで高木作右衛門家が世襲しました。町年寄高木家は別家が継いでいます。

高木家の祖である肥前国住人高木弾正忠は、刀伊の撃退で活躍した大宰権帥藤原隆家を祖とする肥前高木氏と関係がありそうですが、どうなんでしょう?